悪い歯並びを治す必要性と矯正歯科治療の現状



矯正歯科とは言うまでもなく、悪い歯並びを治す診療科目です。多くの人が、見た目を改善する事を目的として歯の矯正治療を受けていると思います。しかし、歯並びが悪い事は、見た目以外にも悪影響を及ぼす可能性を秘めているのです。


歯並びが悪いと、歯の最も重要な役割である食べ物を噛み砕くという役割が不十分な状態です。しっかりと食べ物を噛み砕かずに飲み込めば、飲み込んだ先にある胃や腸などに負担がかかります。そして負担がかかれば、病気になりやすくなります。


また、歯並びが悪いと歯を磨く際、歯ブラシが届かない場所がある可能性があります。歯磨きが不十分であれば、虫歯になりやすくなります。このように、悪い歯並びは、健康を損なう危険があるのです。ですから、中には見た目は気にしないから治療しないという人もいますが、健康の為に治療すべきなのです。


とは言っても、矯正装置を付ける事は大きな負担となります。その負担が嫌で、治療しないという人も数多くいます。しかし、現在では目立たない矯正装置や、歯の裏側に付けるので、まったく見えない矯正装置もありますから、負担は大幅に軽減されています。

◆revolutionarywork.orgオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト